韓流スター好き!!

韓流スターの色んな事を思いつくままに書いていきます。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
東方神起が劇的和解
JUGEMテーマ:エンターテイメント

・・・・という記事が出ていますが・・・・はたして本当???

詳細はこちらです


 



実はこちら??→FC2 Blog Ranking
| comments(1) | trackbacks(0) | 韓流スターについて思う | TOP↑ |
東方神起、日本では5人体制維持
JUGEMテーマ:エンターテイメント
早速否定記事が出ましたね。


以下抜粋
 グループ東方神起が葛藤と分裂様相を見せる国内とは違い日本では5人組体制を維持する。

日本日刊紙日刊スポーツは3日"東方神起の日本マネジメントを受け持っているエイベックスが'東方神起が日本で変わりなしに既存5人体制で活動する'で明らかにした"と報道した。

日刊スポーツは"東方神起がヒーロージェジュン・ミッキユチョン・シアジュンス3人が所属会社に専属契約解約を要求して葛藤を生じさせていて韓国活動は中断状態だが日本で5人活動は維持される"と伝えた。 しかし先月31日放送されたNHK '紅白歌合戦'でメンバーらの間に分裂した様相を見せるなど葛藤要素が残っていることもついた。

東方神起は'紅白歌合戦'でヒーロージェジュンなど三メンバーと違った路線のユンホらが意欲的でない姿を見せて日本言論の非難されることもした。 一部日本言論は去る1日'紅白歌合戦'雰囲気を伝えて'東方神起解体説'を報道してファンたちに衝撃を抱かせた。 これに対して東方神起の国内所属会社SMエンターテイメントと日本所属会社AVEXは"事実無根"という公式立場を明らかにした。
抜粋ここまで

そして問題の紅白歌合戦・・・・言われてみれば確かに・・・







東方神起訴訟の裏側は→FC2 Blog Ranking
| comments(2) | trackbacks(0) | 韓流スターについて思う | TOP↑ |
SMエンターが東方神起の後釜に急遽仕立てたグループがこれ
JUGEMテーマ:エンターテイメント



SMエンターは日本でのポスト東方神起の売り出しを早い段階から始めています。

以下抜粋
東方新起とスーパージュニアに続き日本に進出したSMエンターテイメント所属グループ シャイニが2010年新年日本で力強い出発をする。

昨年8月東京で最初のミニ ライブ舞台を兼ねたファンミーティング行事を成功的に終えたシャイニは来る20日タイトル曲'リンディンドン(Ring Ding Dong)'がヒットした三回目ミニアルバム'2009,Year Of Us'を日本で発売する。

また26日名古屋市の中京大文化市民館オ-ロラホ-ルでミニ ライブとファンミーティングを開く。 シャイニは来月27日には福岡先パレスでファンミーティングをもう一度開催する。
抜粋ここまで

8月東京で最初のミニライブを行ったというのも穿った見方をすれば、東方神起の3人が裁判所に訴え出たのも7月31日でしたから時期的には一致しますね・・・。

転んでもただでは起きない・・。恐るべしSMエンター・・・・・・



東方神起訴訟の裏側は→FC2 Blog Ranking
| comments(0) | trackbacks(1) | 韓流スターについて思う | TOP↑ |
東方神起解散決定報道は真実なのか???
 あけましておめでとうございます。

新年早々、日本の媒体に衝撃的なニュースが流れましたね。

「東方神起解体決定!夏に解散コンサート開催」

この日本の報道を巡って韓国内でも大慌てです。そりゃそうだ。東方神起は韓国のグループですし、この報道は本来ならば韓国媒体が先に挙げるべき記事ですから・・・・・。

以下韓国の報道


日本のある言論が最高の人気グループ東方神起が公式解体すると報道して論議を起こしている。

1月1日日本スポーツニッポンは“韓国の東方神起が人気絶頂で解体する”と報道した。 この報道によれば所属会社と訴訟メンバーの間亀裂が回復不可能になり韓日両国関係者が解体時期を置いて具体的な調整が入ったとのこと。

東方神起は日本でも大人気を享受していてこの報道はヤフージャパン演芸メインニュースと登録されている。 東方神起は去る31日日本で‘第60回NHK紅白歌合戦’に出演したことがある。

スポーツニッポンはこの日舞台に東方神起メンバー全員が共に立ったが訴訟を件3人と違った2人の間が釈然としなかったと伝えた。 東方神起メンバーらは扮装室は一緒に使ったがよそよそしかったし,韓国入国も互いに違う飛行機に入ったと伝えた。

引き続き1月27日発売されるシングルが最後のシングルになることであり,来月17日ベスト アルバムが出てくる予定だと伝えた。

これに対して東方神起所属会社SMエンターテイメントは“記事内容は事実無根”としながら“公式解体手順を踏んでいない”と公式立場を明らかにした。


ここからは私感ですが・・・

SMエンターと東方神起との間の契約は10年を超えるあり得ない長期契約ですが(だから揉めているんですが・・・)エイベックスとの間の契約はもっと短期なはずで、これは私の記憶も曖昧ですが、確か今年の夏ごろには契約が切れるのではなかったでしょうか。そう考えると時期的にも一致しますね。

エイベックスは上場企業です。契約するタレントの活動予定が見えない状況で契約を更新することはあり得ません。だから“解散”を仮定してスケジュールを立てていくというのは企業としては極めてまっとうな姿です。それと韓国報道でなく日本報道であるという点も信頼が置ける点です。

韓国報道はあきれるほどいい加減ですが、日本報道はたとえタブロイド系でもまだ韓国報道に比較すればまともなものを書きます。


結論。

しばらく後、SMエンターから「東方神起解散」あるいはメンバーを入れ替えて「新東方神起誕生」というニュースが駆け巡るだろう、と予想しています。



東方神起解散の真実は→FC2 Blog Ranking
| comments(5) | trackbacks(0) | 韓流スターについて思う | TOP↑ |
東方神起&BIGBANG日本レコード大賞動画
ビッグバンが日本‘有線大賞’に続き‘レコード大賞’でも最優秀新人賞を握って日本年末授賞式で2冠王を達成した。

12月30日午後6時からTBSで生放送された‘51回日本レコード大賞’でビッグバンは新人賞に続き最優秀新人賞まで受けて日本メジャーデビュー新年を派手に飾ることになった。

' コード大賞'は日本作曲家協会で毎年進行する授賞式で最優秀新人賞は新人賞を受賞したチーム中一つのチームに授与される相異だ。 この日授賞式でビッグバンと共にヒール クライム,サクラマヤ,スキャンダル総4チームに新人賞を受賞したしビッグバンは‘有線大賞’に続き‘レコード大賞’でも日本歌手らを抜いて最優秀新人賞 を占める光栄を得た。

去る6月最初のシングル‘ My heaven’を発表して本格的な日本メジャー音楽市場進出を宣言したビッグバンは以後二番目‘カラガラGO’,正規1集,三番目シングル‘コエオキカセテ’まで発表するアルバム全部オリコンチャート TOP5中に進入させた。

そ の上去る11月26日開かれた日本テレビ‘ベストヒット’歌謡祭に出演して‘ゴールドアーティスト’賞を受賞しただけでなくフジTV‘ FNS歌謡祭’,朝日TV ‘ミュージックステーションスーパーライブ’等各種日本年末授賞式に招待されるなど現地業界関係者たちから熱い関心を受けている。

2009 年韓国では個人活動と日本での新しいアルバム発表など韓日両国を行き来して派手な一年を送ったビッグバンは来年2010年1月29日から31日までソウル オリンピック体操競技場で1年余りでビッグバン単独コンサート‘2010ピクショ(Big Show)’を開催する。

BIGBANGの中で個人的に一番好きな曲(ブログ主個人的最オススメ)



東方神起ブログいっぱい!→FC2 Blog Ranking
| comments(0) | trackbacks(0) | 韓流スターについて思う | TOP↑ |
東方神起、今日のチャンミン・ユンホ in 金浦空港
JUGEMテーマ:エンターテイメント
日本のTV出演に向けて今日出国しました。やはり3人とは別です。

 



東方神起ブログいっぱい!→FC2 Blog Ranking
| comments(0) | trackbacks(0) | 韓流スターについて思う | TOP↑ |
東方神起所属会社SMエンターの悪徳
東方神起との訴訟に続いてスーパージュニアのメンバーからも訴訟を起こされた韓国最大の芸能マネジメント会社SMエンターテインメント。
韓国は契約というものが恐ろしいほど軽んじられるお国柄ですが、過剰とも言えるほどの主従・上下関係の徹底したお国柄でもあります。
記事を読んでいるとあまりの横暴ぶりに腹が立ってきます。何だ、20ウォン印税って?

韓国の人気アイドル全員日本のマネジメント会社においで。人間として扱ってくれますよ。


以下抜粋
 国内最大規模のマネジメント会社のSMエンターテイメント(以下SM)が論議のまないたの上に上がった。 '東方新起' 3人との葛藤を始め'スーパージュニア(以下シュジュ)'のメンバーハンギョンが契約無効訴訟を提起するなど所属歌手の関係に風が静まる日ないためだ。

"豆出てきてと小豆出てきてと20ウォン人生. また篤実に上がって幼い両頭の上に上がって行ったことまだ年"

一時SMに所属して活動したアイドル グループ'HOT'で活動したメンバーイ・ジェウォンが所属会社を離れた後作った曲'もてあそばれる子供たち'の歌詞中一部だ。 SMと所属芸能人の葛藤が初めて睡眠に上がった事件は驚くべきことに'20ウォン'という'HOT'のレコード印税論議で始まった。

90年代ソテジのスターダムを凌駕するほどのペンドムを量産した'HOT'はその上昇の勢いにもかかわらず'20ウォン印税'契約の足首に捕まって解体手順に達したし,20ウォンという印税は大衆にも大きい衝撃だった。

この時イシュー化されたのがまさに所属会社と芸能人の'奴隷契約'だ。 芸能人に不利な契約条件が言論に知らされて露骨な'奴隷'という単語が使われたのだ。 だが一部マネージメント社らが不満を提起してこの論議は痕跡をなくした。 また'HOT'やはり一部メンバーらだけ残って論議を提起したメンバーらが所属会社を離れて事件は仕上げされた。

SMの絶えない所属芸能人との戦い

だがSMの悲劇はここで終わらない。 '東方新起' 3人(ミッキユチョン,シアジュンス,英雄在中)がアジア地域で常勝疾走している時とんでもない解体説が飛び交ったこと。

SMが3人の化粧品事業にブレーキをかけてこれらの葛藤はますます感情的に駆け上がった。 SMは3人が金銭的利益に目が見えなくなって所属会社との信義を捨てたと主張したし,3人は彼に対抗して専属契約効力停止仮処分を申請を出した。

‘シュジュ’のハンギョンやはりSMと葛藤を経ている。 'HOT'を始め'東方新起'と'シュジュ'のハンギョンまでひきつづき所属芸能人とトラブルを体験しているSMに対する疑惑のまなざしが提起されなければならない状況だ。

ハンギョンは今回の訴訟を通じて契約書も共に公開した。 ハンギョン側弁護人が公開した契約書によればハンギョンは最近2年の間ただ一日も五十日がないという。 また休暇申請も拒否されたとのこと。

契約書によれば契約期間は13年で病気になったり特別な理由でなければ所属芸能人はSMのスケジュールに全部従わなければならない。 もしこれを犯した場合3倍の費用を補償するべきで,会社の損失に対する二倍の金額を補償する義務がある。

SM管理方式,何が問題であろうか?

'東方新起'とハンギョンの訴訟が進行中であるだけに蓋を開けてみてこそ分かるだろうが唯一所属芸能人と多くの葛藤を起こすSMのマネジメント方式にひょっとして問題があるのではないだろうか? これらはなぜ感情けんかをするということだろうか?

去る10余年間韓国マネージメント社らは文化コンテンツ事業で莫大な利潤を創り出すことができるという事実を知ることになった。 日本と中国などの地で吹く韓流風は予想外の大きい資本を創り出したしマネージメント社らはアジア市場の重要性を悟ることになる。

文化事業による利潤創出,特にアイドルをグループを前面に押し出してアジア全地域を対象に積極的なマーケティングを広げたことは断然 SMだ。 まず所属芸能人を韓国でスターで作った後中国と日本を渡っていって底辺から始める。 '東方新起'が代表的な例だ。 '東方新起'はグループの名前で見られるように韓流市場を目的に出発した。

所属会社はこれらをデビューする前まで食べさせて眠らせて教える管理に入る。 このように管理しなければならない練習生が多いから投資費用が侮れない。 だからデビュー後からは本格的な金を儲けるので(に)入る。 もちろんこれは当然の行動だ。 企業は投資したよりさらに多い利潤を創り出すために存在するためだ。

問題はこの過程が所属芸能人ら,それもまだ20代始めや10代に過ぎないアイドルに過度に苛酷なほどというものだ。 私生活はさて置き自分の意志を全く反映できない上下垂直的な疎通方式と,活動-スケジュール管理がその例だ。 契約自体が問題になる場合も大半だ。

SMに訴訟を提起したハンギョンの契約期間は何と13年. これはSMに所属した大部分のアイドルに該当する。 一般的にアイドルの芸能界寿命(数名)は短い方だ。 アイドル グループの寿命(数名)が10年を渡すことができないことを勘案すれば成功的にソロでデビューした人気メンバーを除いた残りメンバーらは活動を保障受けることができない。

だから活動が保障される10年余りの期間が越えれば所属芸能人は捨てられる。 これ以上利潤を創り出すことはできない無価値な商品になるためだ。 SMの問題はマネージメント社が所属芸能人を文化人でない商品で接近する視線と方式で始まる。 すべての活動が利潤創出という目的で始めるとトラブルが起きるほかはない。

イム・ジンモ音楽評論家の"東方新起は金を儲ける機械であった"という発言はわけもなく出てきたのではない。 韓流熱風には賢いマーケティングを広げたマネージメント社のおかげもあるがそれだけこまめに活動したアイドルの努力があった。 マネージメント社は成長した所属芸能人にそれだけに似合う待遇をしなければならない。

SMが先に変わらなければならない

SMが不公正な利潤分配による所属芸能人らの不満を招くということも問題だ。 過去'HOT'の20ウォン印税が見せるようにSMと所属芸能人の契約は公正でない部分があることが事実だ。

所属芸能人と唯一法的争いが多いSMの方式には明らかに変化が必要だ。 これらの感情戦いは結局韓国文化市場の損害だ。 '東方新起'は日本で底辺から始めて第二ポップ スターらと肩を並べて既存韓流スターらが想像もできなかった数百億ウォン台利益を創り出す大型スターになった。

だがチーム内雰囲気は解体説が飛び交う程不明瞭だ。 国内では一緒にしないのに利益が莫大な日本では一緒にする活動方式が日本に知らされればこれは'東方新起'とSM,そして同時に韓国のイメージを墜落させるだろう。 SMの方式には変化が必要だ。



東方神起ブログいっぱい!→FC2 Blog Ranking
| comments(0) | trackbacks(0) | 韓流スターについて思う | TOP↑ |
東方神起LIVE@MUSIC STATION
JUGEMテーマ:エンターテイメント

東方神起が出演したMステのLIVEです。あとどれだけ見れるのでしょうか・・・?

どうして君たちをこんなに好きになってしまったんだろう・・・・、とため息をつくのでした・・。

たぶんすぐ削除されちゃいます。お早めに!!

 DAUM版


youtube版



東方神起ブログいっぱい!→FC2 Blog Ranking
| comments(0) | trackbacks(1) | 韓流スターについて思う | TOP↑ |
ペ・ヨンジュン旅行エッセイで50億!!!
JUGEMテーマ:エンターテイメント
単なる記事のコピー&ペーストはなんだかなァ・・・・・

以下抜粋
韓流スターペ・ヨンジュンが去る9月出版した'韓国の美しさを探して離れた旅行'(以下閑雅で)で総50億ウォンに肉迫する売り上げを記録したと分かった。

'閑雅で'という韓国で6万5000部,日本で6万部が売れて総34億の売り上げを上げたし,本と関連した旅行商品まで売り切れを記録して総50億ウォンの利益を残した。



ペ・ヨンジュンは我が国の美しい文化と旅行地を入れたフォトエッセイ'閑雅で'を出版して"日本記者会見で韓国名所を尋ねた質問に答えることが出来ない恥ずかしい記憶がある"として"海外割った方々が韓国に来られて撮影会場だけ見て亡くなるのを見て残念に思う心が聞いて本を企画した"と話したことがある。



ペ・ヨンジュンは本に韓国の各分野の代表長の11人と13種類伝統文化関連コンテンツ,韓国各地域に至るまで直接韓国の伝統を体験して直接撮影した200余カットの写真を入れた。



去る9月22日国内出版に続き日本,東京ドームで5万人のファンたちと一緒にする大規模出版記念イベントを開くこともした。 


抜粋ここまで

やっぱり金のあるところには金がますます集まるようになっているのです・・・。
韓流も経済原理に見事にはまっています・・・・


 

ペ・ヨンジュン情報大量! →  FC2 Blog Ranking
| comments(0) | trackbacks(2) | 韓流スターについて思う | TOP↑ |
東方神起、私語厳禁!監視付き!!非情のPV撮影現場
JUGEMテーマ:エンターテイメント

今週発売の女性自身の記事ですが・・・・。
噂には聞いていましたが、やはり本当だったんですねえ・・・・・・・。

以下抜粋
 

「5人全員が同じ楽屋だったんですが、室内はパーテーション(間仕切り)

によって係争中の3人と、そうでない2人に仕切られていたそうです。

さらに彼らが接触しないように関係者が、メンバー同士の間に入っていて。

話したくても話せない状態だったと聞いています。」(芸能関係者)


日本では、11月26日の『ベストヒット歌謡祭』と12月2日の

『FNS歌謡祭』のステージで、東方神起は5人揃った姿を

生放送でファンに見せてくれた。

しかし、その舞台裏は冷え冷えとしていたという。


「メンバーの中が悪いのなら、そんなパーテーションがなくても

最初から話しませんよね。

メンバーを引き離そうとする強硬な措置は

5人の結束がいまでも固いということを示していると思います。」(芸能関係者)

メンバーのジェジュン・ユチョン・ジュンスと韓国の元所属事務所

との契約を巡る争いはいまも続いている。

そんな5人が12月中旬、極秘来日した。

目的は2010年1月27日発売の「BREAK OUT!」の

プロモーション・ビデオ撮影のためだった。


「前回の来日と同様に係争中の3人と、そうでないユンホ・チャンミン

の2人に分かれて別々の便で来日し

別々のホテルに宿泊したようです。


15日・16日の2日間で撮影をこなしたのですが

そのPV撮影現場は、異様な雰囲気でした。

現場にはマネージャー以外に、韓国の事務所から

『監視役』が来ていました。

彼らは撮影中はもちろん、休憩時間もピッタリと2人に付き添い

仕事中の3人と仕事以外の会話を絶対にさせないよう

『監視』していたそうです。


今も5人で活動したいと願うメンバーとっては

非情な仕打ちだったでしょうね。

チャンミンは口数が少なく、まるで『無言の抵抗』

をしているようにも感じました。」(音楽関係者)


このPV撮影で、曲の振付を手がけたのはダンサーのSAMだった。

「東方神起のメンバーにとって、SAMはダンスの師匠であり

『日本での兄貴』的な存在。

プライベートでも一緒に飲みに行ったりしているそうです。

今回も悩みを相談しているかもしれませんね。」(音楽関係者)


緊張感漂う現場に居合わせて、メンバーとも親交が深いSAMも

いたたまれない気持ちだったはずだ。



東方神起はいつまでこの状況が続くのか――― 。

韓流コメンテーターの「ソン・ユジュン」氏は

苦境に立つ彼らに寄せる思いを明かす。


「一番辛いのはメンバー自身とファンです。

係争中の3人の代理人である弁護士は

『3人はファンに申し訳ない、とても辛い、と話しています』

と言っていました。

2010年1月のファン集会中止も、ファンとの交流を楽しみに

していたメンバーにとって、大変苦しい決断でした。


ジュンスは出演予定だったミュージカルとファン集会の日程が

ぶつかったため、スケジュールを調整してまでファン集会を待っていたんです。

ファンとしては、東方神起という名前がなくてもいい

事務所を離れてもいい、ただ今まで通り5人で歌ってほしい

と願ってるはずです。」

抜粋ここまで



東方神起ブログいっぱい!→FC2 Blog Ranking
| comments(2) | trackbacks(1) | 韓流スターについて思う | TOP↑ |
外国為替